読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一応ブログのつもり

引きこもりが日々のことを綴っていくだけのブログです。自己満足のブログなので、読んでも誰一人として得することがないと思います。

史上最強にキチガイだった中学生時代の話

先週、中学生のころ同じ部活だった同級生たちとご飯を食べました。私たちはバドミントン部に所属していたのですが、今思い返せばあのころの部活と私たちは本当に狂っていたと思います。

※バドミントン部に入部した理由はただ単に「面白そうだった」からです。特にバドミントンで近畿大会に出場しようとか、いい成績を残そうと思って入部したわけではありません。

 

 

バドミントン部に入部した当日に、私たちは1つ上の先輩たちから挨拶の仕方を教わりました。その挨拶というのが「ざいます」「きーちゃー」「あとざいます」「すません」「へい」でした。

「ざいます」は「おはようございます」。「きーちゃー」は「こんにちは」。「あとざいます」は「ありがとうございます」。「すません」は「すみません」。「へい」は「はい」。

 

 

 

今思えばアホみたいな挨拶なのですが、あの頃の私たちは先輩の言うことは絶対に聞かなければならなかったので刃向うことなく従いました。そして、その日からバドミントン部の先輩に会ったら「ざいます」とか「きーちゃー」とか叫んでいました。返事をするときは「へい」だったので、周りの人から見たら完全に頭のおかしい中学生だったと思います。

 

 

 

それと、部活中私たちは先輩たちから召使の様に使われていました。まず、学校の授業が終わったら私たちの誰かが猛ダッシュで職員室に行き、部室の鍵をもらいました。そのあと、ダッシュで部室まで行って鍵を開けました。先輩よりも先に部室を開けていないと、「なんでうちらが待っとかなアカンの?」といちゃもんをつけられました。

それ以外にも、先輩たちが部室に入ろうとしたら私たちが部室の扉を開けてあげていました。これは結構異常だと思います。

 

 

 

部活中も超ハードな筋トレをさせられていました。基本的に毎日腹筋30回、腕立て30回、背筋30回を3セットだったのですが、ひどいときは5セットさせられていました。私たちはだんだんと筋トレが面倒くさくなり、カウントするときに「10!20!30!」と数えて誤魔化しまくっていました。

 

 

 

筋トレ以外も厳しいことをさせられていたので多すぎるので割愛します。

 

 

 

 

 

 

毎日毎日こんなにも精神的・体力的なダメージを受けていたので私たちの心は荒みまくっていたのですが、3年間その部活をやり通しました。

 

先輩たちが引退するときに、私たちは色紙を書きました。それを渡す前に私たちは部室でその色紙にとんでもないことをしました。それはここではなかなか言いにくいのですが、人に言うとすごくドン引きされます。なので、割愛します。

同じ部活のメンバーとそのことを思い返していて「ほんまにクレイジーやったよな~」と言いながらケラケラ笑っていました。

 

 

こんなにも先輩たちからひどい扱いを受けていたのに3年間も部活を続けれたのは、先輩たちからの修行に耐えて精神的に強くなったからだと思います。先輩、あとざいました!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

f:id:akikoruha:20170214204819j:plain

一人で東京に行ってきて、ホテルのフロントの人たちの優しさに目頭を熱くした話

undefined

2月2日、一人で東京へ行ってきました。この旅の目的は東京にいる友達に会うという目的だったので特に観光する気はありませんでした。

 

 

 

東京に行く前にホテルと新幹線を一緒に予約できるサイトで一番安いプランを探していました。友達に会うために東京に行くだけだったので1泊のプランを選択しました。そのプランを選択していた時は私の脳は正常だったのですが、2月2日に近づくにつれてだんだんと私の脳が故障してきました。

 

 

 

1月の終わりに家族になぜか「東京に2泊3日の旅行してくる」と言っていました。その時も自分の言ったことが間違っていると気づいていませんでした。

 

 

そして2月2日。東京に到着してからホテルへチェックインしに行きました。ホテルのフロントの人が「1泊でよろしいですか?」と聞いてきました。その時の私の脳は完全にイカれてたので「え、2泊のつもりだったんですけど。」と言ってしまいました。そのせいでフロントの人を困らせてしまいました。

 

 

フロントの人に「一旦、旅行会社のほうへ連絡してみてください。」と言われました。でも、そのときから私の頭は混乱していて一回部屋で落ち着いてから考えてみようと思いました。

 

 

部屋について荷物を全部置いて、昼間なのにパジャマに着替えて、電気を消してカーテンを閉めて、漆黒の部屋の中で一人で記憶をよみがえらせました。その時に初めて自分の脳がイカれていたことに気づきました。ホテルの人たちには申し訳ないことをしたと思い、一人で半泣き状態になっていました。

 

 

1時間ほどしてから気持ちが落ち着いたので出かけようと思い、部屋の鍵を預けにフロントへ行きました。その時はフロントの人からは何も言われなかったのですが、帰ってきて部屋の鍵をもらう時にわざわざ確認してくれました。なんて親切な人たちなんだと思い、また涙を流しそうになりました。結局は自分の勘違いだったので、フロントの人に何度も謝罪しました。そして、自分の脳がいかに狂っているかを痛感させられました。

 

 

 

そんなこんなで友達と遊んでそそくさと東京をあとにしました。

 

 

 

 

今回もくそみたいな内容の生地ですみません、自分の脳が怖いです。

 

 

 

 

 

東京は綺麗でした。

f:id:akikoruha:20170205002427j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそみたいな生活を送って1か月が経ちました。

私は、去年の春学期と秋学期の間は語学留学へ行っていました。海外の大学で授業を終わらせたので12月上旬から4月2日まで学校がないというとんでもないニート状況に陥っています。

 

 

 

しかも、こんなにも休みがあるというのにもかかわらず私は家に引きこもって文字起こしのバイトしかせず、それ以外は本を読むかゲームをするかのクソ生活を送っています。

 

 

先日、成人式の二次会で小学校や中学校の友達と再会しました。大学に行っている人もいれば、就職してお金を稼いでいる人もいます。高校を卒業して就職している人たちの話を聞いたらすごく死にたくなります。自分のクソな部分が垣間見えてきてしまいます。

 

 

バイトをしようとも思うのですが、私の地元には稼げるバイトがありません。そもそも時給がすごく低いし、募集しているところも少ないのです。

 

 

かといって隣の町まで行って毎日電車に乗って働きたくないのです。家から出ることを面倒くさがっている自分からしたら、電車に乗ってバイト先へ行くと言う事は自殺行為です。考えただけで鬱になりそうです。

 

 

 

そんなことを考えていたら帰国してから1か月以上経ちました。しかも明日から2月です。私は一体なにをしているのでしょうか。こんなにも働く気のない人間が来年から就職活動できるのでしょうか。自分が怖いです。こんなにも働く気のない人間が社会に出ていいのでしょうか。

 

 

いつの間にか若干暗い文章になってしまいました。すみません。2月2日から2泊3日で東京に遊びに行くので、またその時のことを書き込もうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンテンドッグス

 

ゲームの話題ばかりですみません。ゲーマーなので。

 

今回は「ニンテンドッグス」のゲームについて書いていきたいと思います。

 

 

私が小学生の時、ニンテンドッグスというゲームが大好きですごくハマっていた時期がありました。

 

ニンテンドッグスというのは、簡単に言うと自分の好きな犬を購入してお世話をするゲームです。もちろん、散歩もできるし、しつけもできるし、芸を覚えさせて大会に出場することができます。ただし、このゲームの子犬たちは成長しないため永遠に子犬のままです。

 

 

私がニンテンドッグス狂いだった頃、学校が終わって家に帰ってから手も洗わずニンテンドッグスをプレイすることに勤しんでいました。

 

その頃の私は、子犬たちに芸を覚えさせようと必死になっていました。

 

ちなみに芸を子犬に覚えさせるときは、DSのマイクに向かって芸の名前を言います。例えば、「おすわり」を覚えさせたかったら犬をおすわりの状態にさせてからDSのマイクに向かって、おすわりと言います。それを何度も繰り返すと覚えます。

 

ニンテンドッグス狂いだった私は、たくさんの芸を子犬に覚えさせて、なんとかして一番レベルの高い大会で優勝しようと必死でした。なぜこんなにと必死だったのかと言うと、大会で優勝すると賞金が貰えるからです。

 

ニンテンドッグス狂いで金の亡者だった私は、毎日学校から帰ってから血眼になりながら子犬に芸を覚えさせていました。

 

 

そんなことを毎日繰り返しているため、家族から愛想をつかされました。祖母は「家から帰ってきたと思ったら、ゲームに向かって"おて"とか"おかわり"とか叫んでる」と私の醜態を家族にチクっていました。しかし、私はそんなことは気にせずに芸を覚えさせ続けていました。

 

 

毎日猛特訓を続けていたため、芸を5つほど覚えさせることに成功しました。なので、さっそく一番レベルの高い大会に出場しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その大会で悲劇が起こったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がDSのマイクに向かって芸を言おうとした時、私の弟が急に私のそばに来て叫び出しました。

 

 

 

 

 

そのせいでマイクから「おすわrウボァああああああ言うああ青なはやはらとはやらもはやそたはなそやらめらまこはやはMmp6w9ほらそまは5y2な595jyjな」というような音が再生されました。

 

当然子犬は理解できず芸を披露できませんでした。

 

私は怒り狂って弟に罵声を浴びせながら、誰の声も届かないであろうこたつの中に頭とDSを突っ込んで、私の声だけが聞こえる状態にしました。そして「おすわり」と丁寧目に言いました。

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヴォすわり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクの調子が悪いのか私の声が綺麗に再生されず、子犬がまた芸を披露することができませんでした。

 

 

 

結果、私は優勝することなくただ出場しただけで終わりました。

 

 

 

 

 

 

その日以来私はニンテンドッグスで遊んでいません。

 

 

どうぶつの森による罪悪感

私は昔からゲームが大好きで、20歳になった今でもゲームをし続けています。

 

 

私は基本的に可愛いキャラクターが出てくるほのぼのしたゲームを中心にプレイしているのですが、Skyrimという自由度maxの可愛くないゲームをプレイすることも好きです。

 

 

Skyrimというのは、アサシンになって人を暗殺したりしてもいいし、人の家に不法侵入してお金や宝石を盗む盗賊になってもいいし、街を守る兵士になってもいいし、魔法を使う魔法使いになってもいい、とにかく何をしても良い自分の好きなことができる最高のゲームです。

 

 

 

ちょっとSkyrimの話は一旦置いときます。タイトルを見て分かるように、私は今「とびだせどうぶつの森」略して「とび森」をプレイしています。ほのぼので可愛いゲームが好きな私にとってこのゲームはドンピシャなのです。

 

とび森の前にも「おいでよどうぶつの森」というゲームがありました。私はそれもプレイしたことがあります。今回の「とびだせどうぶつの森」は、自分が村長になって村を改造するゲームです。村に時計台を置いたり、噴水を置いたり、交番を置いたりすることができます。

 

 

さて、そんなとび森なのですがこのゲームは自分の家をリフォームして豪邸にすることができます。しかし、それにはもちろんローンがあります。ほのぼのした可愛いゲームにも関わらず、私はゲーム内で借金をしています。私は今、498,000円の借金を背負っています。

 

 

現実的に考えて、この借金を返すことは簡単なことではありません。しかし、とび森の世界ではお金を稼ぐことは簡単なのです。

 

 

その理由の1つとして、まず食費、光熱費がかかりません。なので、とび森の世界の私はここ1年ほど飲まず食わずです。電気もテレビも一年ぐらいつけっぱなしですが、電気代は一切かかりません。それでもなぜか私は死んでいません。どういうことなのでしょうか。

 

 

私が最強すぎるおかげで、食費や光熱費のお金が浮きます。なので、私はお金を稼ぐことだけに集中できるのです。

 

 

とび森の世界でお金を稼ぐことは簡単です。この世界では、スコップで岩を叩くとなんとお金が出てくるのです。それも1円や2円ではなく8,000円近くお金が出てくるのです。それ以外にも、海で拾った貝殻や、村に生えている果樹から採れた果物を売れば結構な額になります。果樹ではない普通の樹を揺らすとたまに蜂の巣が落ちて蜂に襲われます。しかし、私はとび森の世界では最強なので刺されても死にません。次の日には治ります。あと、村には化石が1日3つほど発掘されるのでそれを売れば余裕で10,000円を超えます。

 

それを毎日コツコツ続けていけば、借金も1ヶ月ほどで返すことができます。

 

 

できるのですが、たまにそれが面倒くさくなるときがあります。面倒くさがりで飽き性の私にとって、このお金稼ぎが苦痛に感じることがあります。その時に私は思いつきました。

 

私には妹と弟がいるのですが、現在妹が私と一緒にとび森をプレイしています。もちろん、妹には妹のキャラクターがいます。妹はこの村に来たばかりなので、家もあんまり大きくありません。それでも、妹なりに家具を集めたりと頑張っています。妹の家には家具が5~6個ほど置いてあります。

 

しかし、妹は最近とび森自体に飽きはじめていたので今はほとんど私がプレイしています。

 

 

話がそれましたが、私が言いたいことは「妹のキャラクターを操作してお金を稼ぐ」ということです。

 

 

まず、妹のキャラクターを操作します。そして、妹の家の家具を全て手持ちに入れます。もちろん、壁紙や床に敷いているものも全て剥ぎ取ります。そして、妹の着ている服も脱いで手持ちに入れます。そして、それを売りに行きます。家具や服が売れたらお金をもらいます。そのお金を私の家の前に置いておきます。妹の仕事はそこで終了です。

 

 

次に自分のキャラクターを操作します。その時に、妹が私の家に置いてくれたお金をもらいます。それを借金返済に充てます。終了です。

 

 

私はこの考えを思いついた時にナイスアイディアだと思い自画自賛しました。そして、すぐに実行して借金を返済することができました。

 

 

その時に私は考えました。「これは犯罪ではないのだろうか。」

 

 

そう思いはじめたら妹になんだか申し訳なくなって罪悪感が湧いてきました。しかも、最近妹は「久々にとび森やろうかな〜。」とかほざきだしたので、私の愚行がバレてしまいました。今思えば私が悪いのですが、飽きてしまった妹も妹だと思います。

 

 

こんなにもほのぼのとした可愛いゲームなのに、まさかこんな思いを抱くことになるとは思いましませんでした。そして、今日も妹の家から家具を盗み、売りさばいては新たに発生した借金返済のお金にあてています。

 

北海道

1/14~1/17の間、北海道の札幌市にいました。なぜ北海道に行ったのかと言うと、「いとこに誘われたから北海道に行った」、それだけのことです。

 

もっと詳しく言うと、いとこの学校が高校受験やら大学受験やらが被っていて連休があったため、その連休を使って北海道に行こうと目論んでいたらしいです。そして、北海道でスノーボードをしたいとのことでした。

 

私自身も大学が休みで、バイトもせず家で引きこもってゲームばっかりしてたので一緒に行くことになったのです。しかも、私は初北海道+初スノーボードだったので気分上々↑↑でした。

 

いとこは先月も北海道に行ったのですが、先月は北海道に大寒波が来ていたので飛行機が飛ばず帰る日が1日先延ばしになったという苦い経験をしています。それにも関わらず一ヶ月も経たないうちに再び北海道に行きたいと言うのはどういうことなのでしょうか。さらに、私が北海道へ出発する前日の1/13はニュースで大寒波がどうのこうの報道されていました。その日、友達から「運悪すぎやろw」と嘲笑われました。しかし、私はそんな逆境にも負けず、いとこと2人で北海道へ向かいました。

 

 


f:id:akikoruha:20170118115949j:image

 

北海道に着いたときに思ったのですが、全く天候は荒れておらず、とても良い天気でした。心の中で友達に「バーカ、ざまぁみろ」と思いながらその日はラーメンを食べてからすぐに寝ました。

 

 

翌日からは朝の6時半に起きて札幌国際スキー場へ向かいました。


f:id:akikoruha:20170118120203j:image

 

山頂からの景色がすごく綺麗でした。

 

私は初心者だったのでスノーボードのスクールに入りました。しかも、人が少なかったのでマンツーマンという贅沢な教わり方をしました。先生も優しくて面白い人だったのですごく楽しかったです。ただ、10回ぐらい尻もちをついたので、おしりの骨が粉砕しそうになりました。未だに痛いです。

 


f:id:akikoruha:20170118120412j:image

 

これは北海道の最終日に撮ったホテルからの景色です。早朝に撮ったのですが、すごく綺麗でした。

 

帰りの空港でおみやげを買いました。私は絶対にじゃがポックルを買うと意気込んでいたのですが、まさかの買い忘れるという失態を犯してしまいました。自分の脳に乾杯。

 

じゃがポックルは買いそこねたけど、ロイズのチョコレートやプリンが買えたので一応満足です。

 

今回は札幌市だけだったのですが、次北海道に行く時は函館に行きたいです。函館にある海鮮丼が食べたすぎて死にそうです。

 

 

 

美容師さん

この前縮毛矯正に行った時、私の担当をしてくれた美容師さんが結構かっこいい人でした。

今はもう芸能界にいないけど、成宮くんに黒縁のメガネをかけさせた感じの人でした。人柄も良くて、カットと縮毛矯正が上手だったので髪がいい感じに仕上がりました。

 

 

でも、その方は本当は違う美容室で働いている人でこの前はたまたま手伝いに来てただけらしいです。

 

苗字しか分からなかったけど、年齢は私よりは10歳ぐらい年上っぽい。

 

本当はもっと喋りたかったけど、私がコミュ障なので全然喋れませんでした←

 

また会えたら髪の毛カットしてほしい〜。私がコミュ障じゃなかったら、もっと会話できたのに〜。もしもチャンスがあったら、今度こそいろいろ聞こう!

 

 

関係ないけど、二年前に伊勢に行った時の海の写真←


f:id:akikoruha:20170113183729j:image